【ランナーケア】足の甲、足指編

この記事は1分で読めます

ランナーの為のセルフケア

 

今回は足の甲から足指にかけてのケアをお伝えしていきます!

 

【過去のランナーケアに関する記事はこちら】

 1.足のセルフチェック

 2.足裏セルフケア

 

 

自分でセルフケアする時の基本は

 

・手が疲れるぐらい強く押しすぎない

・愛情を込めて触れる(子どもやペットを可愛がるように)

 

ことです。

 

自分で触れていて気持ち良いと思える足を目指しましょう!

 

 

ただし、

 

足に痺れるような症状やケガ等で痛みがある場合、

その他異常が見られる時はセルフケアをしないで下さい。

 

 

まずは足をそろえた状態で、左右の甲の高さをチェックします。

 

疲れていたり、硬くなっている時は足の甲が高くなりやすいので、

左右で高さが違う場合は、甲が高い側からケアしてみて下さい。

 

 

触れながら硬くなっている箇所、

疲れている場所がないか撫でていきましょう

 

 

左右の足を触った時に違いがあれば、

同じ柔らかさになるようケアしていきます。

 

そのまま足の指先まで撫でていき、

1本ずつ丁寧に触わってください。

 

 

5本ともケアしたら

今度は指の曲げ伸ばし(ストレッチ)を行います。

 

指の付け根から反らします。

 

曲げる時も無理のない範囲で動かしましょう。

 

 

今回お伝えする内容はここまでにします。

 

 

セルフケアの回数や時間の決まりは特にありません。

 

大事なのはセルフケアを通して、

普段の生活から身体に意識を向けてあげることです。

 

1回でも10回でも、10秒でも1分でも

自分の身体に問いかけながらやってみて下さいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.28

    復調の兆し?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。