心臓バクバク閾値走

この記事は1分で読めます

6月16日のRUNメニュー

 

閾値走6000m

 

 

朝6時過ぎに一度起床したは良いものの、

目覚ましアラームを止めた途端に気が緩み、

気が付けば時計は8時過ぎ…

 

 

午後から仕事があるため、9時過ぎから走り始める予定だったが、

少々のんびりし過ぎたようだ。

 

 

この日の体重は58.6kg

 

前日の夜に蓄えたご飯が身体に残っている感覚だったので、

朝食は走る30分前にバナナ1本、飴を数個ほど摂取。

 

食べてから走るまでの間にあまり空きがなかった為、

 

消化に負担をかけないようにするのと、

空腹感を抑えるための必要最低限な糖分摂取がおもな目的だ。

 

 

狙い通り空腹感も満たされたところで、いざ競技場へ!

 

土曜日の午前中は近隣中学校の陸上部でトラックも賑わっている。

 

とりあえず目覚めてから1時間ほどしか経ってない身体をほぐしながら4kmほどアップし、

そのまま6000mの閾値走。

 

 

400m毎のラップ×15回

87、90、89、90、90、90、90、91、91、91、91、89、88、81、72

 

 

数週間前に同じメニューをした時よりも1分タイムが悪く、

走っている体感としても上手くスピードに乗れてない感じだったかな。

 

 

身体はそれなりのキツさで走れているのに、肝心のペースが遅いのは

かなり心のダメージが大きい(汗)

 

とはいえ大事なのは、

ペースが遅くても身体に十分な負荷をかけられたかだ。

 

その日、その時に応じた負荷をかけていけば、自然とタイムも縮まっていくだろう。

 

ほんの少し前のように走れないからって、焦る必要は全くないのだ。

 

ひとまず最大心拍数が207回/分まで上がったという事は、

今日できる最低限の追い込みは出来たと思っていい。

 

記録向上に近道はないので、苦しいことも積極的にやっていこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.28

    復調の兆し?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。