走りも肉も量を求めて

この記事は2分で読めます

7月12日RUNメニュー

昼:3km(LSD) 夕方:14km

 

起床時体重は58.0kg(前日より±0kg)

 

 

今日も素晴らしい天気!

 

 

梅雨明けの勢いそのままに朝からグングン気温も上昇!

 

週間予報を見るのがたまらなく辛いが、

この暑さが秋以降のマラソンシーズンに活きてくると願って(笑)

 

今日は昼食前にからだを暑さに慣らす目的で動き、

夕方から長めに14kmジョグ。

 

暑さを全身で感じながら身体を動かすのは

身体、メンタルのスタミナ強化にもってこいだ。

 

 

とはいえ、

 

自分もけっして暑さに強いほうではないので、

 

 

暑い時期は最初から最後までずっと走り続けるのではなく、

時間や距離を分割しながら動くようにしている。

 

可能な限りは最後まで止まることなく走り続けていたいのだが、

発汗量や気持ち的に長時間動くのは困難な場合も多いので、

 

この暑い時期は割り切って分割スタイルにしたほうが

厳しい夏とも上手く付き合っていける。

 

1日無理して頑張れたとしても、

翌日から動けなくなっては話にならないので、

 

自分の心と身体の声を聴きながら身体を動かそう。

 

また、気候的に走りやすい時期と違って、

夏場はただでさえ体力の消耗も激しいし、

 

心臓含めた内臓の負担も大きい。

 

走る前からすでに走っているかのような疲労感も出たりするので、

注意点としてはやはり無理のないペースを心がけることだ。

 

まずは息が上がらないぐらいのペースから走り始め、

出来ることなら30分、もしくはそれ以上動き続けられるように頑張ろう。

 

この30分という時間は

心筋を鍛えるのとスタミナを作るのにとても重要となるので、

 

途中で歩いてしまったとしても

最低このぐらいの時間は動くように習慣化しよう。

 

暑いからといって涼しい場所に逃げ込むのではなく、

暑いなりに身体を順応させることを心がけた方がいい。

 

そして身体を動かした後は栄養補給も忘れずに。

 

身体の中に材料(食べ物)がないと回復も遅れてしまうので、

腹八分目ぐらい食べれるだけの食欲は常に持っておこう。

 

自分の場合は

 

 

やはり肉を食ってスタミナ強化だ!

 

リブステーキの上にサイコロステーキがさらに乗っている

肉々しいメニューで明日以降のトレーニングに備えていく。

 

 

この量だと腹八分目にも満たないけどね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 07.28

    復調の兆し?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。