ヨガを求めて300km

この記事は2分で読めます

6月27日RUNメニュー

 

朝:LSD3km

起床時体重58.2kg(前日より+0.2kg)

 

 

今日は早朝5時起床!

 

起きてすぐに暑い!!

 

朝日が昇るまでは気持ちが良いなと思ってた朝も

汗っかきなランナーにとっては不快に思えてきた(汗)

 

15分程度ゆっくり走っただけなのに、

汗が引かない、止まらない(困)

 

天敵の夏がすぐそこまで来てるな~。

 

 

だけど今日は朝から大量の水分を失ってカラカラの脱水症状になったとしても

 

私は止まらない!!

 

唐津が私を呼んでいるから、

こんな所で立ち留まっているわけにはいかないのだ!

 

 

汗が引かないままでも電車でGO!

 

 

昨日から気持ちは小学生の遠足気分♪

 

28にもなって大丈夫か俺!?

 

 

去年一番多く訪れた場所はどこですか~?

 

そう聞かれたら胸を張って唐津と答えるだろう。

 

とはいえ行動範囲が極端に狭いので、道は全く分からない...

 

分からないが、山もあって海もある風景が何とも心を落ち着かせてくれる。

 

少し先には唐津城も

 

 

今日は1年前から整体、ヨガでお世話になっているお師匠さまの元へ。

 

 

色々な情報交換をした後で

「さぁヨガを始めようか」と心の準備をしていた

 

まさにその時である、突然1本の電話が鳴り響く。

 

 

師匠の先生からだった。

 

ドラゴンボールの世界ならば、師匠が界王神さまで、

その上の先生だから、すなわちビルス様のポジションにあたる方だ。

 

もちろん、昼寝を邪魔されたからといって弟子を攻撃するような真似は決してしない。

 

 

偶然というか、まさに奇跡的なタイミングで、

気付けば1時間後には、その先生のヨガ教室を受けれる事に!!

 

 

全く想定外の事態だったが、今日の私は3秒で即決できる!

 

いざ、ヨガ修行へ!!!

 

 

75分のヨガ教室だったが、開始10分で

私のからだは見事に破壊されました(笑)

 

 

もちろん消えたわけじゃなく、

 

緩んだ感じとも何か違う、

 

 

ヨガを受けて初めての、からだが溶ける感覚!

 

最高級のサーロインステーキが口の中で溶けてなくなるように、

私の身体も気付いたら溶けて無くなってました。

 

余計な味付けは不要で、ただ先生の手を置かれるだけで、

その部位の緊張がみるみる解けていく。

 

 

いや、先生の手に身体が連れて行かれる感じ?

 

と表現したほうがしっくりくるのか!?

 

普段ならこんなに動く事ないだろうって角度まで身体が曲がるし、伸びる!

 

思わず「うぉーーーーー!?」っと叫んでしまった!

 

もちろん心の中でね(笑)

 

なるほど、未知の体験とはこういう事か。

 

 

ヨガのポーズ一つ一つに心地よいキツさはあるものの、

 

終わった後はキツさじゃなく、身体に羽根が生えたような心地良さだけが不思議と残り、

 

動いていた時の全身が熱くなってくる感覚も、終わる頃にはスーッと引いていく。

 

あるのは背中付近に集まった、からだの老廃物的な汗だった。

 

 

凄い!!を通り越して、まさにスゲー!!体験!

 

 

見事なぐらいに身体や心の緊張のみを破壊してくれる先生は

ほんとに破壊神なのでは??と思ってしまう。

 

また一つ唐津に来る楽しみが一つ、

いや、三つぐらいは増えた!

 

 

想像の世界で勝手ながら破壊神と呼ばせてもらっている

上妻 智子(こうづま ともこ)先生のブログはこちら

佐賀県唐津市のシャンティ ヨガスタジオ

 

身体に良い破壊をもたらしてくれるので、

 

ガチガチになった身体を解放したーい!!!

 

って人は、先生のレッスンをぜひ一度受けてみてね!

 

 

そしてレッスン後は、良質な栄養補給のために

唐津のペルー料理店にも行きましょう!

 

マスコット人形がお出迎え

 

サラダ(上に乗っているのはキヌアという穀物)

 

命のスープ(名前の由来は店主に聞いてね)

 

佐賀牛を使ったハンバーグ(中にはトロトロのじゃがいも)

 

赤米、黒米、キヌアなどを混ぜたご飯

 

チチャモラーダというペルーの健康ドリンク

 

日本では珍しい紫とうもろこしを使ってます。

 

 

詳しい場所は先生から聞いてね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.08

    腰痛2日目

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。