山ランニングの効果

この記事は2分で読めます

8月11日RUNメニュー

朝:11.5km 夜:3.5km

 

起床時体重は57.1kg(前日より+0.2kg)

 

 

今朝は太もも・お尻の強い筋肉痛で目が覚める。

 

 

おそらく山を走った効果だと思われるが、

その中でも身体を支えるのに重要な役割を果たす筋肉である

 

「中殿筋」に集中的なダメージがきている。

 

 

ガッツリ重い負荷で筋トレをした翌日と似たような感覚なので、

 

山でのトレーニングは、

例えるなら走るスクワットってところか。

 

傾斜がある道で、重い身体を前に進ませなければならないので、

平坦な道を走るよりも何倍ものエネルギーが必要になる。

 

 

ちなみに走っている時はというと、

 

つねに身体に重りがぶら下がっているような感じなので

 

 

 

ペースがゆっくりのジョグでも相当キツイ!

 

 

 

いや、違う...

 

 

まだまだジョグペースでしか走れない

と言ったほうが正しい…苦笑

 

 

 

少しでも油断すれば、その場に立ち止まってしまうため、

身体も気持ちも両方まとめて鍛えられてる具合だ。

 

 

ペース自体はゆっくりなのに、

坂を走っている時はインターバルトレーニング並みに苦しい。

 

 

そして自覚的に感じるキツさのわりに、

全然身体が前に進んでいないというギャップが

 

 

これまた心身ともに強くしてくれる気がする(笑)

 

 

 

日頃から走っている中でもこれだけ筋肉痛が起こるという事は、

まだまだ身体で使えていない箇所が多いというサインなので、

 

これから定期的に山ランニングは取り入れていこう!

 

 

山の凄さと偉大さが改めて分かった山の日である。

 

 

とはいえ、さすがに1日2回も山を走る気力もないので、

 

夜は平坦な場所にて動き作りのジョグ。

 

 

山で身体を動かすよりも

ずーーーっとラクだ(笑)

 

 

動き作りをする時に愛用しているのは

 

もちろん「足袋」

(周りも靴も紐も黒なので見えにくい)

 

足が本来持っている感覚を引き出すのが狙いです!

 

 

明日は少しでも身体が軽くなっているといいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 11.03

    爆食い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。